CROの退職金事情

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの退職金事情

CROとは、製薬メーカーが行っている業務を一部サポートする機関です。CROと呼ばれていますが、正式名称は『Contract Research Organization』。日本では受託臨床試験実施機関とも呼ばれています。ひと口にCROといってもさまざまで、企業も豊富。そのため、企業によっては臨床開発全般を扱うところもあればモニタリングやデータマネジメントなどを専門に行うところもあります。

そんなCROは、休日出勤や深夜までの残業など、非常に激務のイメージを持っている方が少なくありません。実際、離職率も高く、頻繁に求人募集が行われています。そこで気になるのが『退職金事情』でしょう。

まず退職金相場ですが、大手企業で『最低3年間勤務』。3年以内に退職した場合、退職金は支払われません。もちろん企業によりますが、基本的に大手企業では3年間勤務することが条件になっているため支払われないことのほうが多いでしょう。しかし逆に、入社してから定年まで同じ企業で働き続ければ退職金の金額は大きくなるでしょう。相場は3,500万円程度で、あくまで平均ですが、他の職種に比べると非常に良い金額になります。

一方で中小企業の場合、大手企業ほど退職金を受け取ることはできません。CROは、大手企業か中小企業かで退職金も大きく異なりますから、応募する前に確認しておきましょう。一般的には、勤続年数10年で月収の約5カ月程度と言われています。これを基準に考えると、勤続年数が長いほど退職金に影響することになります。大手企業にしろ中小企業にしろ、基本給で変動しますから、中小企業でも月給が高ければ退職金もアップしやすいでしょう。

また、働く地域によっても退職金事情は変わってきます。やはり主要都市である東京・大阪などは退職金が高くなりやすいと言われています。勤務地が限定されているのは否めませんが、収入面や退職金などを気にするのであればそういったところを選ぶのが一番でしょう。ちなみに、CROは冒頭のとおり製薬メーカーが行っている業務を一部サポートするのが主な仕事になります。同じ医療機関でも、薬剤師や看護師のように資格は不要ですから、そういったことも退職金に影響しているのでしょう。

当然ですが、薬剤師や看護師のほうが退職金は高くなります。それでもCROは新薬開発などに携わることができるのでやりがいを感じやすいでしょう。医療機関に興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved