CROのやりがい

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROのやりがい

CROの仕事は休日出勤があるとか、深夜までの作業を強いられるといった感じで激務というイメージがあるかもしれません。特にCRAという治験にかかわる業務を担当している人は、なかなかプライベートの時間を作れない忙しさになりがちです。しかしそれでも辞めない薬剤師の方もたくさんいます。それは、大変である半面やりがいも業務の中で感じられるからです。CRAの場合、新薬開発における重要なカギを握るポジションに付きます。もし自分が携わった新薬が厚生労働省から認可を受ければ、大変な達成感を味わえるでしょう。そして自分の関係する新薬が、多くの患者の命を救うことになれば、社会的な意義も実感できます。

また治験の業務は、一人ですべてを行うものではありません。いろいろな人が関わって、一つのチームとして機能します。このため、もし新薬が認可されれば、それは自分だけでなくチーム全体の喜びになります。一緒に仕事をしてきた同僚などと喜びを分かち合うことのできる点も、他の職種ではなかなか経験できないことです。特に薬剤師の場合、調剤薬局やドラッグストアで勤務しているときにほかの人と仕事の面で喜びを分かち合う経験はなかなかできないはずです。そこに新鮮な驚きを感じ、CROのやりがいと感じている人も多いです。

薬剤師は薬学に関するプロフェッショナルです。CROは、この薬剤師の持っている薬剤に関する専門的な知識を生かせるのもやりがいの一つといえます。医薬品開発に携わる仕事なので、大学時代に薬学部で学んだ知識をいろいろと生かせます。調剤薬局やドラッグストアに勤務しているときには、狭い領域の知識しか生かせなかった人もいるかもしれませんが、幅広い薬学知識の求められることの多いCROは大変な半面、やりがいを今まで以上に感じられると思っている薬剤師も多いです。

DM業務におけるやりがいですが、手抜きできないところにあります。事務仕事がメインとなりますが、治験のデータなどに誤りが見つかれば、せっかく頑張っても新薬承認は先送りにされかねません。おかしな数値はないか、他の数値と比較して矛盾のある個所はないかなどをチェックします。いわば新薬開発における、最後の砦というポジションとも言えます。データの誤りを指摘して、完ぺきな資料を作成することで、クライアントや医療スタッフとの信頼関係を構築することも可能です。CROにはいくつかの部署がありますが、いずれもそれぞれにやりがいを見いだせる職種であるといえます。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved