CROを辞めたい時

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROを辞めたい時

CROに転職するにあたって、長続きする職業なのか気になる人も多いでしょう。一部ではCROは、離職率が高いといわれています。その理由として、大きく2つのことが考えられます。CROへの転職を検討している薬剤師がいれば、きちんとその職種の本質を理解した上で転職活動をすべきです。

CROの離職理由としてしばしばいわれるのが、仕事が大変だからです。治験に携わるCROは、日本全国で行われる試験に立ち会わないといけません。このため出張で一定期間、遠方に滞在しなければならないこともあります。また担当するプロジェクトや製薬会社、医療機関によってはいわゆるサラリーマンのような定時出勤・退社ができないこともあります。たとえばかなり夜遅くまで残業を強いられることもあれば、休日出勤を強いられる事態も十分想定できます。このため「プライベートな時間がない」とか「体が付いていけない」といった離職理由をあげる人も見られます。特にCROに転職して間もない段階で、離職する人が多い傾向が見られます。

上で紹介したCROを辞めたい理由は、どちらかと言えばネガティブな感じがするでしょう。しかしCROを離職しようと思っている理由の中には、ポジティブな理由もあります。それは、いつでも転職できるからです。CROの求人募集動向を見てみると、通年採用をしている所が結構多いです。このため、今の勤務先に対して何らかの不満を抱いているのであれば、転職先は割と見つけやすい状態にあります。特にCROですでに実務経験を積み重ねている人は、どの企業でも即戦力として貴重な人材と評価される傾向があります。経験者であれば、今の職場よりもより良い待遇で採用してくれるほかの企業が見つかるかもしれません。

またCROから製薬会社に転職するというケースも多いです。治験をはじめとして、新薬開発に携わる仕事であるCROの経験やスキルは製薬会社にとっても欲しい人材になります。CROはあくまでも外注で仕事をするため、「製薬会社の社員として業務に携わってみたい」という意識を持つCRO在籍の薬剤師も少なくありません。その他にもCROには、DM業務と言って臨床現場とは離れた部署で仕事をしている人も辞めたいと思いがちのようです。「薬剤師業務を長年行ってきた自分にはデスクワークは合わない」と思ってしまうからです。CROの中で安全性管理の部署は、離職率はあまり高くないとされています。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved