CROとは

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROとは

医薬品は、製薬メーカーによって開発・研究がされています。しかしその製薬メーカーの業務を、一部サポートする機関があります。それが、CROと呼ばれるものです。

CROはContract Research Organizationの略で、日本語では受託臨床試験実施機関と呼ばれます。製薬メーカーで行われる一連業務を、受託もしくは特定派遣によってサポートするのが、CROの役割といえます。

一口にCROといっても、様々な企業があります。臨床開発業務の全般を扱う場合もあれば、例えばモニタリングやデータマネジメント、統計解析などを専門に行うCROもあります。また領域についても、中にはがん領域に特化しているというケースもあるでしょう。これらの違いは、数あるCROの中で自社の特徴や強みを打ち出すものともいえます。

しかし転職者にとって最も大きな違いは、CROの業務形態です。CROの業務形態には、大きく分けて以下の2つがあるのです。


1)受託型

受託契約によって、製薬メーカーから業務の一部を受託する形態です。業務に必要な情報を事前に得た上で、基本的に業務そのものはCROの自社内で行われます。つまり社員は、CROの事務所へ出社・勤務することとなります。主には社内でプロジェクトが組まれ、関連社員と共に臨床開発を進めていきます。


2)特定派遣型

製薬メーカーの臨床開発において、自社雇用の社員を依頼元の製薬メーカーへ派遣する形態です。あくまで雇用関係はCROとの間にありますが、特定派遣は依頼元に常駐して業務を遂行することとなります。複数名でプロジェクトを組んで依頼元へ入ることもありますが、製薬メーカー内の社員とも密にコミュニケーションを取りながら業務を行います。適宜報告などでCROへ行くこともありますが、基本的には派遣先である製薬メーカーへ出社することになるでしょう。プロジェクトが終了してCROからの特定派遣要員が不要になれば、また別の製薬メーカーへ移ることも多くあります。稀に、同じ製薬メーカー内の別プロジェクトへそのままスライドし、勤務場所を変えずに業務に就く場合もあります。


CROの中には、受託型のみ、あるいは特定派遣型のみで業務を行う企業もあります。また両方に対応可能となっている場合もありますが、例えば大手CROでは受託型社員と特定派遣型社員とを部署分けしていることなどもあります。そのため転職する際には、自分がどのような働き方をしたいのかを良く考えた上で、事前にCROへも確認を取って転職先を選ぶ必要があるといえるでしょう。特に特定派遣型の場合、遠くの勤務地へ派遣されてしまうことも可能性としてありえるのです。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved