CROの転職のポイント

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの転職のポイント

臨床開発の分野で転職を考えたとき、CROには多くの転職チャンスがあるでしょう。CRAやDM、安全性管理など職種も多く、またCROは全国に企業数も多くあります。

とはいえ、CROも無限にあるわけではありません。数が多いとはいっても、他の業種に比べれば少ない方でしょう。そうなればCROへ転職するために、1社1社に確実性を上げて転職活動を行っていく必要があります。ポイントを抑えて、事前準備も怠らないようにしましょう。

CROへ転職するにあたってのポイントは、いくつかあります。まずあなたは、CROでどんな仕事に就きたいのでしょうか。職種によって応募資格は異なりますが、先に挙げたようにCROには数多くの職種があります。それぞれの職種について「どんな仕事なのか」「どんなやり甲斐があるのか」といったことを踏まえ、更に自分が「その仕事の何に魅力を感じているのか」を整理しておきましょう。特に病院勤務の看護師や薬剤師がCROへ転職をするときには、注意が必要です。病院の場合は資格が何より優先であり、面接などはあまり重視されていません。しかしCROは企業であるということもあり、面接では志望動機や自己PRなど非常に厳しく見られます。職種への理解についても、当然必要になるでしょう。事前に情報を得て考えをまとめておくことが、大切なポイントになるのです。

また自身が応募する先のCROについても、よく理解しておきます。CROは、自社でもCRO業界の中で「差別化ができていない」という問題を抱えています。だからこそ面接でも、「数あるCROの中で、なぜうちなのか?」といった質問を良くされます。企業規模や実績のある領域、あるいは研修体制など、ホームページなどをしっかり目を通しておくことがポイントです。そうでなければ、「じゃあ、うちの会社じゃなくても良いのでは?」と、面接官もあなたの意欲を受け取る事ができません。

そしていざ転職したいCROが見つかっても、もう1つ見ておくべきポイントがあります。それは、就業場所についてです。まずCRAをはじめ、CROでの仕事は製薬メーカーへ常駐して行う場合があります。そうなると、勤務地はCROの事務所ではなく製薬メーカーになるでしょう。CROへのアクセスが魅力で転職先として選んだのに、実際には凄く不便な場所の製薬メーカーに勤務するということもありえるのです。もちろん長く勤務するのであれば、いずれそうした場所へ勤務を余儀なくされることもあるでしょう。しかし多くは、「最初くらいは、まず通いやすい場所で」という希望を持っているのではないでしょうか。そうした条件面は、事前に聞いておくことが大きなポイントでしょう。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved