CROの将来性

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの将来性

世界経済がどんどん時代の進化とともに変化していく中、CRO業界も決して例外ではありません。その中でも近い将来、CRO業界にとって大きな変化をもたらすとみられる2つのキーワードがあります。それはグローバル化とIT化です。

グローバル化は何もCRO業界に限ったことではないですが、CROでも外資系企業がどんどん日本に進出してきています。しかも事業拡大をどんどん進めているため、決して無視できない存在になっています。特に現在CROの外資系企業の中でも、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンとパレクセル・インターナショナルは外資系企業のツートップと言われています。その他にも日本国内で事業を進めている外資系企業もいくつかあります。日本国内には、シミックやイーピーエスといった大手の国内企業、無数の中小企業があって、今後熾烈な競争が繰り広げられると見られています。

もし薬剤師で、外資系のCRO企業に就職するのなら、英語力を磨いておくことです。外資系の場合、最終的に経営方針を判断するのは本社のある海外です。つまり日本支社の現状報告、本社の判断を仰ぐ場合には英語によるコミュニケーションとなるわけです。マネージャーなどの管理職を目指すのであれば、英会話スキルを向上させることが将来求められるでしょう。

もう一つのキーワードのIT化も、CRO業界に限ったことではないかもしれません。パソコンやインターネットを使ってのビジネスは、かなり普及しています。医療業界は若干他の業界と比較するとITの普及は立ち遅れているところがありました。それでもどんどん普及していく傾向が見られます。たとえばCRFなどは手書きが一般的でしたが、電子化がどんどん進められています。EDCシステムと言って、海外ではかなり導入されているシステムですから、いずれ国内でも導入する動きが顕著になっていくでしょう。

それに応じて、今後増えると見られるのはIT企業が事業の多角化の一環としてCRO事業に乗り出してくるかもしれないということです。すでにアグレックスや住商情報システムといったIT系の企業がCROの事業を手掛け始めています。もしかすると今後薬剤師のCROの転職先として、IT企業が有力な選択肢の一つになる可能性も十分あるわけです。高齢化が進み医療サービスを求める人が増えていく中で、新薬の開発は今後ますます重要になるでしょう。その意味ではCROの果たす将来の役割は、どんどん大きくなると見られます。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved