CROの転職と志望動機

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの転職と志望動機

転職をするときに重要になる『志望動機』。まずCROの転職についてですが、臨床開発の分野のなかではもっとも転職しやすい職種と言われています。それは、CROの求人にはCRA・DM・治験プロトコールなど、さまざまな職種があるからです。ひと口にCROといってもひとつの職種ではないため、転職しやすいと人気があり、近年CROの転職は全国的にも増えてきているといいます。ただ職種によっては転職の難易度が高いところもありますので、採用されるには各職種のポイントを押さえることが大切です。

まず、CROは医療機関の一種ではあるものの病院ではありません。あくまで企業ですから、志望動機や資格などは必要不可欠であり、かなり重視されると考えて良いでしょう。特に薬剤師や看護師からCROに転職する場合、どんな職種を選ぶのか、なぜその職種を選ぶのかを明確にしておかなければいけません。実際、薬剤師や看護師から転職する方はこのへんが曖昧になっている方が多いですから、応募する前にしっかり考えておくことが採用率を上げるポイントになるでしょう。

先にも述べたように、CROへの転職は志望動機が重視されます。志望動機とは、ご存知のとおり『なぜ転職しようと思ったのか』『なぜここの企業に応募しようと思ったのか』などです。ここをしっかり押さえておくと、転職で有利になります。

まず『なぜ臨床開発業界で働きたいと思ったのか?』ですが、理由は転職を考えている人の数だけあります。そのなかでも有利になりやすいのが『新薬を世に出す仕事に携わりたい』『薬の分野に興味があった』『薬の論文を書いたことがある』『治らなかった病気が新薬で治るのを目の当たりにした』などです。特に『新薬を世に出す仕事に携わりたい』というのは大きなポイントになるでしょう。ただ新薬を世に出す仕事をしたいというだけでは、多くの人が考える志望動機になりますから、プラスα付けることがポイントです。それが薬の分野に興味があった、薬に関する論文を書いたことがある、などになります。

転職での志望動機を簡単にまとめると、1.臨床開発業界で働きたい理由、2.CROの各職種で働きたい理由、3.なぜ御社で働きたいのか。志望動機にこの3つが含まれていると転職では有利になるでしょう。

CROは国家資格ではありませんから、未経験からでも転職ができると言われています。もちろん、資格を持っている方は有利になりますのでどんどんアピールしていきましょう。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved