CROの離職率

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの離職率

CROへの転職を目指す方の中には、「長く働きたい」という思いを持っている方も多いのではないでしょうか。そうなれば仕事内容や給与、社内風土などに加えて、そのCROの離職率も気になるところでしょう。

CROの離職率を考えるとき、全ての職種を共通して見ることはできません。職種や転職者の状況などによって、離職率は大きく開いてくるでしょう。医薬業界においては「CROは離職率が高い」と見られている場合もありますが、必ずしもそうではないということも覚えておきましょう。

まずCROの中で離職率が高くなりがちな職種としては、CRAが挙げられます。では、なぜCRAの離職率が高くなってしまうのか。その要因は、大きく分けると以下2つになるでしょう。


<仕事が大変である>

CRAは外出も多く、場合によっては宿泊を伴う出張もあるでしょう。プライベートな時間を大切にしたいという方には、生活スタイルの維持が難しくなる可能性も考えられます。また担当するプロジェクトや医療機関によって、夜中までの残業や休日出勤もゼロではありません。そのため、CROの中でも離職率が高い職種となってしまうのです。中には、入社後すぐの早期離職も見られます。


<他企業でも求められる人材である

CRAは、多くのCROで通年採用が行われています。特にCRA業務の経験者は、どのCROでも求められるでしょう。CRA経験者の転職では、給与等の条件も非常に高くなる傾向があります。そのためCRAとして働く人の中には、転職を考える人も多いのが実情です。特に多いのは、CROから製薬メーカーへの転職を考える人です。CROは、あくまで製薬メーカーから業務の委託を受けて仕事を行います。製薬メーカーの中で働いていても、やはり外部関与という意識が強く、「製薬メーカーの社員として、CRA業務を行ってみたい」という気持ちが生れるケースが多いのです。そういった理由から、CRAの離職率はどうしても高くなってしまうのです。


またDM業務も、特に未経験者に離職率が高くなることがあります。中でも看護師や臨床検査技師など、常に臨床現場で人と接する仕事をしてきた人は、離職率が上がる可能性があります。なぜならDMとはそうした臨床現場とは違い、自己完結要素の高いデスクワーク業務が中心だからです。治験においても、自分が直接的に誰かのためになっているという意識は芽生えにくいでしょう。そのため「臨床現場へ戻りたい」「デスクワークは合わない」といった理由で、離職率が高くなってしまうのです。

逆に安全性管理などは、あまり離職率の高くない職種といえるでしょう。これは絶対数として業務に携わる人が業界内でも少ないため、安易に転職など考えられないという理由があります。こうした職種毎の特徴を踏まえた上で、離職率の高低は見ていく必要があるのです。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved