CROのインターンシップ

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROのインターンシップ

新卒採用の市場において、「インターンシップ」というものが随分と取り組まれるようになりました。インターンシップを自社で開催する企業もあれば、インターンシップの斡旋紹介を行う企業もあります。学生のうちに社会人経験を積み、そしてその経験を就職活動に活かそうという、時代の流れを感じます。

しかし医薬業界において、このインターンシップはまだ身近なものではありません。多くの職種を扱うCROにおいても、これは同じです。CROでインターンシップを募集しているということは、ほとんど見つけられないでしょう。そのためほとんどの人が、CRO業界や業務内容を知らないままに就職することとなるのです。

インターンシップの目的は、社会人経験を学生時代に積むこと以外にもあります。まず企業側としては、良い人材をインターンシップの時点で囲い込みたいという思い。これは本来なら、CROであっても同じ思いを持っているでしょう。そしてもう1つは、入社後の早期離職を避けること。営業なり事務職なり、あるいは専門職も含めて実際に「仕事」を経験することで、入社してから「やっぱり違った」などというイメージギャップを生まないというメリットがあるのです。実際に新卒が早期離職することの大きな原因は、「イメージと違った」というものになっています。

そんなにメリットの大きなインターンシップを、なぜCROは行わないのか。実は「行わない」のではなく、「行えない」というケースの方が多いようです。それは、CROが扱う業務の内容に起因します。

CROは、製薬メーカーから新薬の臨床開発に関する業務を受けます。その業務は、製薬メーカーにとってこの上なく大切なものです。そして、例えば治験実施計画や回収されたCRF(症例報告書)、業務手順書といったものも、製薬メーカーにとっては非常に大切な情報資源なのです。万が一にも扱いを誤ってしまえば、想像を超えるほどに多額の損失を招くでしょう。そのため責任の問題もあり、インターンシップにそれら業務を行わせる、あるいは情報を扱わせることはできないのです。

ではCROの中で、一般事務などをインターンシップとしてさせればよいと思うかもしれません。しかしそれでは、インターンシップの意味がないのです。CROが欲しいのは、何を置いてもやはり専門職です。CROやDM、安全性など、学生であれば薬剤師や看護師といった医療資格を持つ人材を欲しいと考えています。そういった学生をインターンシップで受入れるのであれば、やはり将来自社で行ってもらいたい業務に従事してもらわなければ、CROにとってインターンシップのメリットはないのです。

CROへ新卒入社を考えている人は、インターンシップができない分も企業・業界研究などを別の角度から行っておく必要があるでしょう。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved