CROの外資の求人

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの外資の求人

近年、CROの外資系企業の求人が増えてきています。それは、日本でグローバル化を図っている企業が増えているからでしょう。特に大手外資系製薬会社は外資系企業と提携を組んでいるところが多く、臨床開発業務を独占的に受託するケースも増加傾向にあるといいます。

外資系のCROのメリットは、なんといっても常に成長しているということですから、CROとしてステップアップしたい方には非常に有利な場所になるでしょう。また、外資系の求人は『英語力』が重視されます。たとえCROとしての経験がなくても、一定以上の英語力があれば給与も考慮される場合があります。それくらい、今は外資系の求人が注目されているというわけです。

気になる年収ですが、やはり内資系のCRO求人に比べると100万円〜200万円程度差があると言われていますから、平均年収5500万円以上を受け取れる可能性もあるというわけです。英語力があるというだけで基本的な仕事は内資系と同じですから、非常にメリットが大きいといえるでしょう。また、CROからCROへ転職する場合も、外資系はキャリアアップとして選択することができます。CROとしての経験もあり英語力もあれば当然給料に大きくプラスになるでしょう。もちろん良いのは給料だけではなく、福利厚生も充実しています。転職するうえで、福利厚生が充実していることは非常に重要です。外資系というだけでその点が得られるなら、やはりぜひとも選択したい企業です。

CROの外資系求人は、先にも述べたように『英語力』が一番に問われることになります。それも日常会話ができる程度の英語力が必要になりますから、ただ英語が読み書きできるレベルではなかなか採用してもらえません。特に大手企業になるとハイレベルな英語力が求められる場合もあります。それは、国際規模の治験業務に携わる機会が多いからです。内資系でも、英語力がある人は重宝されますが、外資系となれば『英語ができて当たり前』です。海外のスタッフとのやり取りも多いですから、CROとしてのスキルだけでなく、英語のスキルも上げることができるでしょう。

実際に外資系のCRO求人を見てみると、応募条件に『日本語と英語でコミュニケーションをしっかり取れる』『英語でのSOP読解』『英語でのトレーニングやテレビ会議参加』などが明記されています。テレビ会議は海外とも行いますから、英語を聞いて理解し、情報を分かりやすく説明する能力も必要不可欠といえるでしょう。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved