CROの第二新卒の求人

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CROの第二新卒の求人

職場のミスマッチで早々に退職してしまう第二新卒の方も多いですが、CROでは結構積極的にこのような第二新卒を採用する傾向が見てとれます。特に薬剤師のような医療関連の国家資格を持っていると、医療や薬学に関する専門的な知識を持っていることが客観的に証明できます。このため、第二新卒であることがそこまで大きなハンデにはなりません。第二新卒の場合、若いので柔軟にいろいろなことを吸収できると評価される向きもあって、これも採用しやすさの理由の一つです。

第二新卒を募集しているCROを見てみると、2種類のタイプに分類できます。まずはすでにCROに就職していて、そこから転職するケースです。この場合、求人情報の中にCROにおける実務経験が明記されているはずです。たいていの場合、1〜2年程度の実務経験を持っていることが求められるでしょう。もし調剤薬局やドラッグストアなど、CROとは別の業界で薬剤師として経験を積んでいる場合にはCROにおける実務経験が応募要件の中に記載されていない案件を見つけることが大事です。もしくは未経験者歓迎と書かれている求人をチェックするアプローチもあります。

第二新卒の採用試験ですが、まだ十分な経験を積んでいないので職務経歴はあまり重視されない傾向があります。むしろ人物を見て採用するかどうかをチェックしています。そして何よりも重視されるのが、CROという仕事に対して適性を持っているかどうかです。その中でも重視されるのは、コミュニケーションスキルだと思いましょう。CROの場合、社内の他の部署のスタッフとはもちろんのこと、治験現場である医療機関、クライアントになる製薬会社、治験の被験者といった感じで様々な人とコンタクトをとる必要があります。このようないろいろな人たちと連携するにあたって、コミュニケーションスキルは欠かせません。その他には治験業務を行っていると時として想定外のアクシデントに見舞われることもあります。そのような時に論理的に原因を追求し、問題を解決するにはどうすれば良いかの能力もチェックされます。

CROは、まだ業界そのものがまだ誕生して間もないです。このため未経験者でも歓迎する求人は、けっこう少なくないです。薬剤師免許を持っていて、第二新卒で社会人としてのマナーなどがマスターできている人材であれば、十分転職の道は開けると思って良いでしょう。ただし今後CROが広く認知され、応募する人が増えれば、どんどん経験者の方が有利になる可能性も十分あります。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved