CRAとCROについて

>>看護師の資格でCROへ転職する方法<<

CRAとCROについて

CROには、実に様々な職種が存在します。CRA(臨床開発モニター)やDM(データマネジメント)、安全性情報担当などは、代表的な職種といえるでしょう。その中でもCRAは、CROにとってまさに「顔」といえる職種です。

CROの中には、受託する業務範囲を限定している企業もあります。先に挙げたような職種全般をサポートするものもあれば、特定職種(業務)のみを専門に扱う企業もあるのです。しかしCRAを自社内に持たないCROは、殆どないでしょう。中にはDM業務や統計解析業務に特化した企業もありますが、数あるCROの中でもごく少数です。逆にCRA業務に特化したCROは、実は多く存在します。

CRAの転職求人は、ほとんどのCROで通年採用が実施されています。通年採用とは「良い人材がいれば、いつでも採用しますよ」ということです。それだけ、CROでは多くのCRAが求められているのです。なぜならCROが依頼を受ける製薬メーカーにとっても、CRAが多く必要だからです。

CRAが必要になるタイミングは、治験のスタート時期から終了までです。その間は治験全体のコントロールをはじめ、CRAが中心となって業務を推進していきます。CRAがいなければ、治験を行うことができないのです。そのため製薬メーカーも、治験実施にあたっては多くのCRAを採用する必要があります。しかし治験が終了してしまえば、CRAは手が空いてしまうのです。他に関われる治験が継続発生していれば問題ないのですが、どの治験も人員いっぱいの状態では、CRAは行き場をなくします。しかし製薬メーカーが雇用していれば、例えCRAが手が空いていても人件費がかかるでしょう。そのため、CRAの多くをCROに依頼しているのです。CROへのCRA派遣や業務受託契約であれば、治験の1プロジェクト毎の契約なので無駄なコスト発生がありません。

CROでのCRA就業には、メリットとデメリットがあります。まずメリットは、様々な治験に関わることができるということです。製薬メーカーは広く医薬品の開発を行っていますが、それぞれに得意領域というものがあります。例えば脳領域やがん領域など、過去の開発実績を見ると良く分かるでしょう。特定の製薬メーカーに勤務した場合、どうしてもそうした領域を中心に担当することになるのです。しかしCROのCRAであれば、プロジェクトが終わればまた別の製薬メーカーで就業することになるでしょう。そのため、広く多領域の薬剤を経験することができるというわけです。

ただしCROでCRAとして働く場合には、あくまで担える業務は製薬メーカーから受託した部分のみというデメリットもあります。例えばプロジェクトの立上げ段階や、全体のマネジメントまでを行える期間というものは非常に少ないでしょう。そういったコアな部分は、やはり製薬メーカーが自社内で管轄してしまうのです。

CRO求人ランキング!薬剤師向け人気サイトNo.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRO求人.com【※CRO求人の最新情報を掲載中!】 All Rights Reserved